超実践的、廃業DVD完成! 詳細ページへ

相談は安いのか、高いのか・・・

この数週間のうちに3件も、かつて私が提供した「個別相談」に対する報告とお礼をいただいた。

1件は、2年前のコロナの初期に、廃業とほぼ同じレベルの事業撤退をした会社の社長からだった。

「工場の売却も終わり、無事に縮小できた。これからも生き残れる形ができた」とのことだ。


次のもう1件は、1年ちょっと前の相談だ。

当時は、後継者不在で進退に悩んでいた女性社長の会社だったが、この度、娘婿さんが正式に社長を継いだということだ。


そして最後の1件。

相談前は「M&Aで会社を存続させたい」と高齢の社長が考えていた件だが、最終的には廃業に落ち着いたということだ。

方向転換できて決着をつけらえたのは、奥村のアドバイスが大きかったと言ってくれている。




どれも相談を受けてから1年以上の時間を経て結果が見えている。

私のことを覚えていて、わざわざ報告をしてくれたわけだ。

みんな人間ができてますね。

私だったらどうだろうか・・・



私が計画を立案して実行するコンサルティングであれば、「自分の手柄だ」と思える節がある。

でも相談となると、お礼を言われたところで、果たして奥村のおかげなのかよくわからないところがある。

正直、当時どんな話をしたかもあまり覚えていない。


かつての相談者からの報告とお礼を額面通り受け取れば、かなりの価値を提供できたのだろう。

無理やり価値を金銭換算でもすれば、相談料で得られたリターンは桁が2つも3つも増えたケースもありそうだ。


ちなみに、うちの相談料は高くない。

奥村が本来稼ぎたい時間あたりの売上よりもずっと安い。

それは相談というサービスが、フロントサービスであるからだ。

もっと大きな仕事を得るための手段という性格もあるため、料金は割安に設定している。


価値があるのならば高くすればいいじゃないか、という考え方もあろう。

でも、相談を受けているときは、将来どうなるか分からないものである。

1億の価値を生むと分かっていれば、1000万円の報酬を請求しても筋が通ろう。

しかし、相談の段階ではそれが分からないのだ。

それこそ、奥村のアドバイスを受け取るか、否か。

それを実行するか否かは、本人次第でしかない。



お礼の報告をいただいてみると、私の提供した相談には価値は間違いなくあるようだ。

ということは、利用者からすればこれほどお得なものもそうないのだろう。

わずかな料金で、将来大きく化ける可能性があるサービスだ。


ところが、相談に投資することをケチる人も多い。

面倒くさいという気持ちならまだしも、1時間1万円の相談料ですら「話をするだけで高い」と思う人もいるようだ。

形のないものには価値がないという感覚の人が、その典型なのだろう。



相談というのは、なんとも捉えがたいものだ。

その扱いは悩ましい。

〜お知らせ〜
『社長の歩き方』へのご訪問、誠にありがとうございます
ぜひ、会員登録無料をなさっていってくださいませ。
会員限定記事がすべて読めるようになります。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

奥村 聡(おくむら さとし)
事業承継デザイナー
これまで関わった会社は1000社以上。廃業、承継、売却・・・と、中小企業の社長に「おわらせ方」を指導してきました。NHKスペシャル大廃業時代で「会社のおくりびと」として取り上げられた神戸に住むコンサルタントです。
最新著書『社長、会社を継がせますか?廃業しますか?』
ゴールを見すえる社長のための会【着地戦略会】主宰

目次